Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

作品?機能?不満があるなら乗り換えちゃえば? 【動画配信サービス、乗り換えのススメ!】

作品?機能?不満があるなら乗り換えちゃえば? 【動画配信サービス、乗り換えのススメ!】

今回は、加入している動画配信サービスに不満を感じた時に、別の動画配信サービスに乗り換えるメリットを解説していきます。

「動画配信サービスに加入したけれど、期待した内容と違った。」「最初は楽しめたけど、見たいものがなくなった。」など、加入中の「動画配信サービス」に不満を抱えている人もいるでしょう。
でも、一度加入するとついつい惰性でそのままになりがちなものです。

でも、最近は以前と違って「配信サービス」の種類も増えたため選択肢が広がっています。この際、他の配信サービスへの乗り換えを考えてみてはどうでしょうか?

「動画配信サービス」の乗換えに金銭的リスクは無い!

「動画配信サービス」は、ほとんどが1月ごとの契約となります。携帯などのように年単位のしばりは無いので、当然それによるキャンセル料や契約金なども発生しません

つまりサービス変更に金銭的なリスクは無いわけです。それに、長く契約していることにでメリットが生まれるわけでもないですしね。

なので、ひとつの配信サービスに縛られる必要は全くないのです。不満があれば現在の自分に合ったサービスが見つかるまで渡り歩いてみるのもいいでしょう。もちろん元のサービスに戻ることも可能です。それくらいの気楽なスタンスでいいのではないでしょうか。

他に気になるサービスがあるのならば、ほとんどのサービスは無料でトライアルできるので、気軽に試すことも出来ます。

「動画配信サービス」は毎月乗換えるくらいでいい!

どんなにコンテンツが充実した動画配信サービスでも、継続して利用していれば見たい動画を見つくしてしまうものです。作品は定期的に追加/入れ替えされるとはいっても、そんなに大幅に変わるわけじゃありません。

そういう状況になったら、無理して利用を続ける意味はありません。見ていない作品がふんだんにある他のサービスに乗り換える方が、効率的/経済的にいろいろな動画を楽しめます。

個人的には、「いくつかの動画配信サービスをローテーションで渡り歩く。」のがもっとも効果的に動画配信サービスを楽しむ活用法だと思います。

今の「動画配信サービス」どこが不満?乗り換えはどこがオススメ?

あなたは、加入中の「動画配信サービス」の不満は無いですか?あるとしたら、どんなところなのでしょうか?それによってオススメの乗り換え先も変わってきます。

料金が不満!

加入したものの「思った程見る機会が無くて今の料金ではもったいない」と言う人や、「負担になるのでもっとコストを下げたい」という人もいると思います。

現在では1ヶ月500円前後で加入できるサービスもあるので、試してみてはどうでしょうか?

そんな人におススメは…

【amazonプライム・ビデオ】:年間契約3,900円/月額400円

【dTV】:月額500円

【Netfrix】ベーシックプラン:月額650円

「amazonプライム・ビデオ」は、国内最安値にもかかわらずショッピング送料無料音楽配信等、豊富なサービスを含めたコストパフォーマンスが圧倒的です。
動画配信に限っても、コンテンツ数こそ少ないものの高クオリティなオリジナル作品や限定配信も豊富で、他のサービスとは一味ちがう個性を持っています。

国内シェアトップの「dTV」は低料金ながらコンテンツ数の多さが売りです。有料のレンタルコンテンツもあるので、たまには好きな新作映画もみたいという人にもいいかもしれません。

もし、視聴端末がスマホやタブレット等の画面が大きくないものが中心であれば、「Netfrix」ベーシックプランも選択肢として浮上してきます。

「Netfrix」には画質と同時視聴数によって3種類のプランがあります。最安のプランは画質も低くて同時視聴ができませんが、スマホなどで自分ひとりで利用するのであれば問題ないので、かなりお得なプランです。

関連記事:月額500円!シェアNo.1!「dTV」は評判通りなのか!?【料金/作品/機能/システム…全て解明】

関連記事:特典サービス充実!【amazonプライム】驚異的なコスパの実態は?メリット/デメリットを考察!

映画コンテンツが不満!

映画コンテンツは「動画配信サービス」でもセールスポイントのひとつになっているものの、どの配信サービスを取ってもコアな映画フリークを満足させるラインナップにまでは至っていないのが現状でしょう。

定額でいろいろな映画が見たい人は…

【hulu】

【Netfrix】

定額配信タイトルの充実度は、ある程度料金に比例します。その点、この「完全定額制」の2大サービスはさすがの安定感です。

万人受けするタイトルの豊富さで「hulu」、ややマニアックな作品の充実度で「Netfrix」といったところでしょうか。

連記事:動画定額見放題の老舗「hulu」の特徴や魅力を利用経験から解説!

もっと新作映画が見たい人は…

【U-NEXT】

【amazonビデオ】

【dTV】

定額配信は新作映画に弱いのが弱点です。それが不満であれば「PPV(ペイパービュー)」を視野に入れるしかありません。「PPV」は1タイトルごとのレンタル料金を支払って視聴するシステムですが、レンタルショップ並みのラインナップの中から選ぶことが出来ます。

日本では、見放題の「定額制」と有料の「PPV」を組み合わせた「定額配信+PPV」タイプのサービスが主流です。
中でも、基本の料金が格安の「dTV」、雑誌読み放題やアダルト作品などサービス内容とシステムの充実した「U-NEXT」が代表的です。

もし、「完全定額制」のサービスに加入したまま、新作も見たいのであれば「amazonビデオ」があります。
「amazonビデオ」は「amazonプライム・ビデオ」のベースでもある動画レンタルサービスですが、amazonのアカウントさえあれば、プライム会員でなくても利用可能なので、純粋にレンタル料金だけで動画を見ることが出来ます。
つまり、「hulu」や「Netfrix」に加入していながら、新作映画だけ「amazonビデオ」で見るという選択肢もあるわけです。

関連記事:料金最高値なのに国内シェア3位! 動画配信サービス『U-NEXT』高評価の秘密は?

関連記事:月額500円!シェアNo.1!「dTV」は評判通りなのか!?【料金/作品/機能/システム…全て解明】

関連記事:特典サービス充実!【amazonプライム】驚異的なコスパの実態は?メリット/デメリットを考察!

ドラマコンテンツが不満!

「動画配信サービス」自体が元々海外ドラマファンをメインターゲットとしていただけあって、どの配信サービスもドラマは主要コンテンツのひとつとなってます。

それだけに各サービスで重複するタイトルも多くなってしまいます。ましてタイトル数が少ないとなると、なんら見るべきところがないラインナップになってしまいますよね。

そこで、独自のコンテンツで他との差別化をはかるために、オリジナル作品や独占配信に力を入れているサービスが注目されています。

いろいろな面白いドラマ作品を見たい人におススメは…

【hulu】

【Netfrix】

【amazonプライム・ビデオ】

「hulu」は以前から海外ドラマファン御用達だっただけに、ドラマコンテンツはタイトル数も多く群を抜いた充実度です。また、オリジナル作品こそ乏しいものの、独占契約によるhulu限定配信コンテンツで他のサービスに差をつけています。

「Netfrix」はマーベル作品のドラマ化など、ハイクオリティなオリジナル作品を多数制作して高い評価を得ていて熱心なドラマファンの注目を集めています。オリジナルコンテンツは、他では見れない最大の目玉コンテンツです。

「amazonプライム・ビデオ」も同様で、完成度の高いオリジナル作品や限定配信作品に力を入れていて、ドラマファンなら無視できないユニークなラインナップをそろえています。

関連記事:動画定額見放題の老舗「hulu」の特徴や魅力を利用経験から解説!

関連記事:特典サービス充実!【amazonプライム】驚異的なコスパの実態は?メリット/デメリットを考察!

国内コンテンツが不満!

以前は、「動画配信サービス」のユーザーと言えば海外ドラマ指向のイメージが強くありましたが、ユーザー層が広がっていくに従い、国内コンテンツの需要も無視できないものとなりました。
最近ではオリジナルの国内ドラマやバラエティコンテンツも製作されていて、続々と配信されしています。

海外ものより国産の作品が重要という人におススメは…

【hulu】

【FODプレミアム】

【amazonプライム・ビデオ】

「hulu」といえば海外ドラマの印象が強いですが、日本事業が日テレに買収されて以降国内コンテンツの充実度が飛躍的にアップしています。TBSと共同で作のオリジナルドラマなども配信しています。

一方フジテレビ運営の「FODプレミアム」も、国内ドラマのタイトル数は目を見張るものがあります。海外作品ラインナップは映画もドラマも全く評価できませんが、フジテレビのコンテンツはほぼ独占状態です。

「amazonプライム・ビデオ」も、独自製作のオリジナルのドラマやバラエティを配信するなど、国内コンテンツに力を入れています。

記事:動画定額見放題の老舗「hulu」の特徴や魅力を利用経験から解説!

関連記事:【FODプレミアム】を利用した結論は!? 料金は? 配信作品は? メリットは? どんな人にオススメ? 全て解明!

配信動画の画質が不満!

スマホやタブレット、ノートPCくらいのモニタサイズなら、よほどこだわりがある人で無い限り標準的なSD画質で十分ですが、大きめのモニタや大画面テレビでの視聴となると、さすがにかなりの高画質でなければクオリティがもちません。

そして、画質はほとんどの場合は料金に比例します。具体的に言うと【Netflix】【hulu】【U-NEXT】といったところです。例外的に低料金で高画質に対応しているのは、世界レベルの技術力と資金力がある【Amazonプライム・ビデオ】だけですね。

動画を大画面でキレイな映像で見たい人は…

【Netflix】

【hulu】

【U-NEXT】

【Amazonプライム・ビデオ】

関連記事:動画定額見放題の老舗「hulu」の特徴や魅力を利用経験から解説!

関連記事:料金最高値なのに国内シェア3位! 動画配信サービス『U-NEXT』高評価の秘密は?

同時視聴できないのが不満!

ひとつのアカウントで複数の端末から視聴する「同時視聴」。ほとんどの場合同時視聴の数は料金に比例します。つまり同時視聴数の多いサービスは料金も高くなるということです。

家族や友人などで個別に安いサービスに加入するのも悪くないですが、アカウントをシェアできれば1人あたりの料金は安く抑えられるので結果的に経済的です。料金の高いサービスはコンテンツやスペックも充実しているので更にお得です。

同時視聴のスペックが高いサービスは…

【U-NEXT】:最大4台

【Netflix】:プレミアム…最大4台/スタンダード…最大2台

【Amazonプライム・ビデオ】:最大3台

【hulu】:最大2台(非公称)

実は、上にあげていない【DMM 見放題ch ライト】こそが、低料金ながら最大5台と同時視聴数は最高を誇るんですが、アダルト特化型のサービスなので、アカウントシェアの必要もあまり無いかもしれません。

同時視聴はしたいけど料金は可能な限り抑えたいという場合は、【Amazonプライム・ビデオ】1択になりますね。

関連記事:料金最高値なのに国内シェア3位! 動画配信サービス『U-NEXT』高評価の秘密は?

関連記事:特典サービス充実!【amazonプライム】驚異的なコスパの実態は?メリット/デメリットを考察!

ダウンロードのスペックが不満!

「動画をダウンロードしてのオフライン視聴」というのは、長距離移動や待ち時間などネット環境の無い外出先での空き時間の視聴には欠かせませんね。

今では主な動画配信サービスは、どこもダウンロード視聴が可能になっていますが、「いち度にダウンロードできる作品数」「ダウンロードして保存できる期間」などは、サービスによって差が激しく実用性にも影響します。

いまのサービスのダウンロードスペックに不満があれば、乗り換えを検討しましょう。

同時にダウンロードできる本数を重視したい人にオススメ…

【U-NEXT】:無制限

【dTV】 :無制限

【Netflix】:100本

ダウンロード動画の保存期間を重視したい人にオススメ…

Amazonプライム・ビデオ :30d

Netflix:7日間

関連記事:料金最高値なのに国内シェア3位! 動画配信サービス『U-NEXT』高評価の秘密は?

関連記事:月額500円!シェアNo.1!「dTV」は評判通りなのか!?【料金/作品/機能/システム…全て解明】

関連記事:特典サービス充実!【amazonプライム】驚異的なコスパの実態は?メリット/デメリットを考察!

まずは無料トライアル(体験視聴)!

ほとんどの「動画配信サービス」には、1ヶ月程度の期間無料で視聴できるトライアルプランが用意されています。まずはこの無料トライアルにチャレンジしてみましょう。実際に視聴してみないと「動画配信サービス」の実態をつかむことはできません。

とりあえず、気になる「動画配信サービス」に無料トライアルして、加入中のサービスと比較してみることです。そして、可能な限りいろいろなサービスをトライアルしまくって、満足できるサービスを探しましょう。
もしかしたら、加入中のサービスの良さを再確認して、乗り換える気が無くなってしまうかもしれませんが、納得できたのならばそれはそれでいいですよね。

Amazonプライム・ビデオをチェック!