Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

動画定額見放題の老舗「hulu」の特徴や魅力を利用経験から解説!

動画定額見放題の老舗「hulu」の特徴や魅力を利用経験から解説!

今回は、動画配信サービスの老舗【hulu】について解説したいと思います。

長い歴史を持つ動画配信サービスのパイオニア

【hulu】といえば代表的な動画配信サービスのひとつですね。さらに日本におけるドラマや映画中心の動画配信サービスとしては草分け的存在でもあります。

今でこそ動画配信サービスが増えてどれに加入するか悩むぐらいですが、かつては「hulu」一択と言ってもいい状況でした。

そんな長い歴史もあって、現在でも国内2位と安定したシェアを得ています。その「hulu」の特徴やメリット・デメリットなどを解説しながら、その人気の理由をやオススメポイントを検証していきたいと思います。

数少ない「完全定額制」の動画配信サービス

【hulu】は一定の料金で全てのコンテンツが見放題になる、「完全定額制」の動画配信サービスです。PPV(ペイパービュー)などの追加料金が発生するコンテンツは一切無いので、安心して全てのコンテンツを楽しむことができます。

【hulu】といえば海外ドラマという印象が強いですが、日テレによる買収後、国内ドラマ・バラエティー・アニメなど国産コンテンツも一気に充実しました。

他にもドキュメンタリー・音楽・スポーツなどバラエティに富んだコンテンツがあり、完全定額制の動画配信サービスとしては国内最多クラスのタイトル数を誇っています。

誰もがいくつかは楽しめるタイトルを見つけることができる、バランスの良い動画配信サービスと言えるでしょう。

「hulu」のメリット

●海外ドラマのタイトルが豊富
●HBO系の海外ドラマをはじめとした多数の独占配信コンテンツ
●バラエティに富んだコンテンツ
●「FOXチャンネル」「BBC」「MTV-MIX」「ナショナルジオグラフィック」などリアルタイム配信が充実

「hulu」のデメリット

●オリジナル作品は少なめ
●ドラマにくらべて映画コンテンツが弱い
●海外ドラマ配信プログラムにやや煩雑なところがある
●同時視聴はできない(可能と言う話もあるが、原則的には不可)

【hulu】の最大のメリットは、独占配信も含めた豊富な海外ドラマを中心とした多彩なコンテンツでしょう。

デメリットも、オリジナルコンテンツや映画コンテンツの弱さをなど、いくつか挙げられますが、海外ドラマファンであればそのタイトルの充実ぶりで帳消しにできるレベルです。

また、料金も月額933円(税抜)と動画配信サービスとしてはミドルクラスで格安とはいえませんが、これもコンテンツの豊富さを考えれば、コストパフォーマンスとしてはかなりのものではないでしょうか。

その【hulu】の重要な要素であるコンテンツについては、次から見ていきましょう。

コンテンツの傾向・充実度は

ドラマのラインナップは?

「huluといえば海外ドラマ」というぐらい以前から定評があり、ベテランユーザーには海外ドラマ目当てに加入した人も多いでしょう。現在でも海外ドラマは【hulu】を支える重要コンテンツであり続けています。

作品も、定番のメジャー作品からちょっとマニアックなものまで、ビギナーからベテランまで楽しめる豊富なラインナップを取りそろえ、その充実度は動画配信サービスのなかでもトップクラスです。また、米国産ドラマとはひと味違う魅力を持った英国産ドラマなども配信しています。

オリジナル作品はまだまだ少ないものの、これから増えていくことは期待出来ます。なにより、アメリカHBO系のドラマをはじめとした、独占配信のタイトルを数多くラインナップしているのは大きな強みです。

※追記:huluとHBOは独占契約が満了して、HBOは現在Amazonと独占契約しています。今までのHBO作品は今のところ継続して配信中。

ひとつ注意点があるとすれば、イレギュラーな形での配信スケジュールが少なくないことです。

たとえば期間ごとに配信シーズンが入れ替わったり(1・3・5の奇数シーズンと2・4・6の偶数シーズンを交互に配信など)、最新エピソードが追加配信されると、過去のエピソードは削除されて見れなくなるといったケースで、これは視聴の自由度が下がってしまうかなり残念なポイントです。

映画作品のラインナップは?

映画については他の定額配信サービスと同様で、熱心な映画ファンにとっては不満の残るラインナップかもしれません。最新の話題作の配信もあまり期待できません。

作品は定期的にまとまった本数が追加リリースされますが、以前配信していたタイトルの再配信だったり、表示順が後ろの方になっているタイトルをトップの方に移動させただけというものも少なくありません。

なので、純粋な新規追加タイトルは思った程多いわけではなく、長期間加入していると新鮮味が薄れてくるかもしれないですね。

それでも、名作や話題作を含めある程度のタイトルがそろっているので、熱心な映画フリークでなくライトなリスナーであれば十分楽しめるでしょう。

国産コンテンツのラインナップは?

「hulu」日本事業が日テレに買収されてからは、あくまで「日テレ」系タイトルが中心ですが、ドラマからバラエティ・アニメ・映画まで一気に国内版コンテンツが増えました

さらに「hulu」と「日テレ」合作のオリジナルドラマも配信されるようになったりと、国産コンテンツも重視したいとう人にとってはかなり良い状況と言えますね。

リアルタイム配信

【hulu】の特徴的なコンテンツのひとつに「リアルタイム配信」があります。これは「FOXチャンネル」のような海外のTV局のプログラムなどのが、リアルタイムで視聴できると言うものです。

これで「FOXチャンネル」系のドラマの最新シーズンを、リアルタイムで見ることができるわけですから、いち早く最新エピソードを見たい人にとっては見逃せないサービスですね。

ラインナップも以前は「FOXチャンネル」と「ナショナルジオグラフィック」くらいでしたが、現在では「BBCニュース」「CNN」「MTV-MIX」などが加わり、かなり多彩な内容になっています。

「hulu」はどんな人にオススメ?

①海外ドラマのラインナップが重要

オリジナル作品はまだまだこれからという感じですが、タイトル数や充実度についてはやはりダントツと言えます。

②コンテンツの種類はバラエティに富んでいる方が良い

「hulu」のコンテンツはいろいろなジャンルがありますし、それぞれ水準以上のラインナップなので安心です、

③国産コンテンツも重視したい

「hulu」は海外コンテンツだけでなく、国産コンテンツにも力を入れて、今後も期待できます。

④日テレ大好き

「hulu」国内事業は日テレ系列なので間違い無しですね。

⑤どの配信サービスを選べば良いかわからない

コンテンツの多様性と安定感が「hulu」のポイントなので、いろいろな人にオススメしやすいサービスです。

⑥追加料金は絶対に払いたくない

課金コンテンツ無しの「完全定額制」なので、間違って課金してしまうこともなく、追加料金は一切発生しません。安心して利用できます。

⑦料金が安くてもコンテンツが微妙ではいやだ

月額933円の「hulu」は料金設定はミドルクラスになりますが、それに見合ったコストパフォーマンスと言えるでしょう。

結論としては

●「hulu」はいろいろとバランスが良く万人向け。
●海外ドラマ重視なら「hulu」
●日テレ好きなら「hulu」
●ビギナーなら「hulu」
●迷ったらとりあえず「hulu」

とにかく「hulu」はバランスが良く安定感のある動画配信サービスなので、どんな人でも何かしら楽しめるコンテンツが見つかると思います。

「動画配信サービスに加入したいがどれを選べば良いか分からない。」という人にも安心しておススメできるのが「hulu」です。

「hulu」の無料トライアルは2週間!

もちろん「hulu」も無料トライアルが可能です。気になったらとりあえず実際に利用してみましょう。ただし、期間が2週間とやや短めなので、解約のタイミングに注意しましょう。

 

無料トライアルについてはこちらの記事で詳しく解説!動画配信サービス「無料トライアル」のススメ!【無料で映画/ドラマ見放題体験】

Amazonプライム・ビデオをチェック!