Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【Amazonビデオ】と【Amazonプライム・ビデオ】の違いは? システム・特徴・メリットを紹介!

【Amazonビデオ】と【Amazonプライム・ビデオ】の違いは? システム・特徴・メリットを紹介!

今回はAmazonの2つの動画配信サービス、【Amazonプライム・ビデオ】と【Amazonビデオ】について解説したいと思います。

名前が似ていてまぎらわしいけど間違えないように!

【Amazonプライム・ビデオ】といえば、コストパフォーマンスは最強クラスと定評があるamazonの動画配信サービスですが、実はAmazonには、もうひとつ【Amazonビデオ】と言うサービスがあります。

この2つ、名前がかぶりすぎて非常にまぎらわしいのですが、いったいどういう関係で何がどう違うんでしょうか?

今回は2つの配信サービスを取り違えたり混乱したりしないために、詳しく解説していきたい思います。

さらに、以外と語られることが少ない【Amazonビデオ】の特徴やおすすめポイントなどにつても説明していきます。

字面が似ているので説明が分かりにくいと困るので、【Amazonプライム・ビデオ】とは以下【プライム・ビデオ】と表記しますね。

【Amazonプライム・ビデオ】と【Amazonビデオ】の関係は?

結論から言うと、基本的には別のサービスなのですが、かといって無関係でもないというなかなか説明するにはめんどうな関係です。

まず、《Amazonのメインの動画配信サービス=Amazonビデオ》というのが大前提だと考えましょう。

そして【Amazonビデオ】は【プライム・ビデオ】の母体でもある動画配信サービスとうことになります。

つまり、【プライム・ビデオ】は独立したサービスと扱われていますが、実質的には【Amazonビデオ】の1部門といった位置づけと考えた方がいいでしょう。

【Amazonビデオ】のコンテンツの一部に限定配信コンテンツをプラスした、
amazonプライム会員のみが利用できる完全定額制サービス。

それが【プライム・ビデオ】だといえば分かりやすいでしょうか?

まだピンと来ないかもしれないので、分かりやすいようにそれぞれの特徴を表にまとめてみました。

Amazonプライム・ビデオ Amazonビデオ
amazonでの
ポジション
Amazonビデオの1部門 Amazonの
動画配信サービスの総称
対象 Amazonプライム会員のみ 全てのAmazonユーザー
配信システム 完全定額制(見放題) レンタル・購入のみ
料金 Amazonプライム会費
年間3,900円/月払いは月額400円
レンタル・購入費用のみ
1本あたり100円〜
その他 Amazonプライムのみの
限定コンテンツもアリ
料金割引キャンペーンも開催

完全定額配信の【Amazonプライム・ビデオ】

【プライム・ビデオ】、それはAmazonの有料プランの『Amazonプライム』会員限定で利用できる動画配信サービスです。

会員料金を払うだけで全てのコンテンツが見放題の「完全定額制」なので、追加料金は一切必要ありません

コンテンツ数は決して多くはありませんが、Amazonが独自に制作したドラマやバラエティなどの「オリジナル作品」や他では見れない「独占配信作品」が豊富で、見所の多い個性的な配信サービスと言えます。

この「オリジナル作品」や「独占配信作品」は【Amazonビデオ】で課金しても見ることが出来ません。まさに【プライム・ビデオ】限定の完全オリジナル作品です。

動画のレンタル・販売に特化した「amazonビデオ」

「amazonビデオ」は映画やドラマなどの作品レンタルと販売専用のサービスです。こちらはamazonのアカウントを持っていれば誰でも利用できます。もちろんamazonプライム会員でなくてもOKです。

登録料や基本料金などは不要なので、動画ごとのレンタル料金・購入費用のみで利用可能です。amazonでショッピングするのと同じ感覚です。

レンタル・購入の金額は作品タイトルによって異なりますが、レンタルは映画で1タイトルあたり100円〜500円ぐらい、購入する場合500円〜2,500円くらいの料金設定になっています。

“週末レンタル100円”など定期的に割引キャンペーンも行なっています。
その時は対象作品はレンタル100円〜/購入500円〜と、業界最安レベルの破格料金になるので非常にお得です。

通常料金でも他の動画配信サービスと比較する格安の料金でレンタルできるので、新作映画などを見たい人にはオススメの動画配信サービスです。

ユーザーインターフェースは共有

「amazonビデオ」と「プライム・ビデオ」はカタログ画面や視聴画面などユーザーインターフェースは共通なので、ログインし直したりする必要はありません。

そうなるとカタログに定額見放題作品と有料作品がゴッチャになって、わかりづらくなってしまいそうです。
他の配信サービスにはそれが2つが混在してわかりづらいものもありますが、さすがにAmazon、その心配は無用です。

「プライム・ビデオ」の定額コンテンツと「amazonビデオ」の有料コンテンツはカテゴリー分けされています。

それぞれ切り替えてカタログを表示することが出来るので、作品を選ぶ時に分かりづらいなどの不都合はありません。

「amazonビデオ」のメリットと可能性

「amazonビデオ」を利用するメリットには、どんなものがあるのでしょうか? また、どういう使い方ができて、どんな人おススメできるサービスなのでしょうか?

amazonビデオのメリット

● 全て有料だが豊富なコンテンツ

● 新作もすぐ配信される

● 気に入った作品は購入すれば何度でも見れる

● キャンペーン時には格安値で利用可能

● 会費や基本料金が不要

「amazonプライム・ビデオ」のオプションとして

そう考えれば、「amazonビデオ」の有料タイトルも含んだものが「プライム・ビデオ」の実質的なトータルコンテンツとも言えるので、話題の最新作や超人気作品も含めてその数は一気に膨大になります。

amazonアカウントがあれば誰でも利用できる!

「amazonビデオ」は会費や基本料金は不要で、アカウントさえあれば誰でも1タイトルから利用できます。

「いくらかのポイントを購入して、そのポイントでレンタル」というような面倒なシステムではないので、頻繁に利用できなくても費用のロスがないのです。これが、他のPPVやレンタルのサービスだとそういうわけにもいきません。

ということは、「hulu」や「Netfrix」といった新作映画の配信に弱い完全定額制の配信サービスのユーザーが、新作映画を見たい時にレンタル料金だけで気軽に利用することもできる、便利なサービスということです。

「amazonビデオ」はこんな人にオススメ!

最後に「amazonビデオ」をオススメすべきはどんな人なのか挙げてみました。

● 「amazonプライム・ビデオ」ユーザーだけど、たまには新作映画も見たい
● 「hulu」ユーザーだけど、ときには新作も見たい
● 「Netfrix」ユーザーだけど、やっぱり新作も見たい
● ネットで動画をレンタルしたいけど、会費や基本料金は払いたくない!

「amazonビデオ」の最大のメリットは、何といってもレンタル/購入費用のみで利用できることです。余計な費用をかけずにネットで新作映画などをレンタルしたい、という人はぜひ試してみましょう。

また、「完全定額制」の動画配信サービスに入っているけど、たまには新作映画も見たい、という人にとっても便利なサービスと言えますね。

関連記事:動画配信サービスで映画レンタルなら【Amazonビデオ】が圧倒的にオススメ! その理由は!?

関連記事:最新作映画がレンタル100円!動画配信サービス【Amazonビデオ】のキャンペーンがお得すぎる!

⬇︎【Amazonプライム・ビデオ】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

⬇︎Amazonアカウントをつくって【Amazonビデオ】を利用する!

Amazonプライム・ビデオをチェック!