Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

月額500円!シェアNo.1!「dTV」は評判通りなのか!?【料金/作品/機能/システム…全て解明】

月額500円!シェアNo.1!「dTV」は評判通りなのか!?【料金/作品/機能/システム…全て解明】

今回は、動画配信サービス【dTV】について、実際に利用してわかったオススメポイントやメリット・デメリットなどを解説していきたいと思います。

国内シェアNo.1の動画配信サービス

【dTV】は国内ではトップのシェアを誇る動画配信サービス(VOD)として有名です。
これは、運営しているのがやはりモバイルキャリアで国内トップの「NTT docomo」だということも影響しているでしょうが、実際のところその内容はどんなものなのでしょうか?

わたしが実際に加入した体験をもとに解説していきたいと思います。

まずは基本的なスペックから見ていきましょう。

料金(月額/税別)500円
無料トライアル31日間
配信スタイル定額配信+有料レンタル
配信コンテンツオールジャンル
〔映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・ドキュメンタリー・フィットネス・舞台 etc〕
有料コンテンツ料金目安映画 200~500円/1作
ドラマ 150~円/1話
同時視聴不可
ダウンロード
最高画質HD

料金はリーズナブルな月額500円!

【dTV】の最大のセールスポイントは月額500円(税別)という破格な料金設定です。

料金の安さでは【dTV】を上回る【amazonプライム・ビデオ】も存在しますが、【amazonプライム・ビデオ】はamazonの有料プラン「amazonプライム」の特典サービスのひとつという特殊な立ち位置ですから、純粋な動画配信サービスとしては【dTV】が最安といってもいいでしょう。

dTVは「定額配信+レンタル(PPV)」の複合型!

動画配信サービスには大きく2つのタイプがあります。

ひとつは一定の料金で全てのコンテンツが見放題になる「完全定額制」の配信サービス。

もうひとつは定額配信コンテンツと課金が必要な「有料コンテンツ」を組み合わせたラインナップとなっている配信サービスです。

dTVは後者の「定額配信+レンタル配信」の複合型サービスになります。国内では【U-NEXT】などをはじめとして、このタイプの動画配信サービスが主流ですね。

※1作品ごとに課金が必要なシステムは『PPV(ペイパービュー)』と呼ばれていますが、dTVサイトで「レンタル」と呼んでいるので、この記事でもそう表記します。

「定額+レンタル」のメリット、デメリットは?

課金というとなんとなくイメージが良くないですが、海外では「レンタル(PPV)」はごく普通の視聴システムとして定着しています。

わざわざレンタル店まで出かけずに自宅で映画やドラマをレンタルできますし、人気がある話題の最新映画などでも在庫切れでガッカリすることはありませんから、うまく利用すればかなり便利なシステムです。

デメリットは、どうしても「レンタル」作品の課金による利益が大きな目的になるので、人気の高い新作や話題作が定額配信されるのが期待できないことですね。

【dTV】の動画レンタル(PPV)料金はいくら?

【dTV】のレンタル料金の目安は上の表のとおり、
映画:1タイトルあたり200円(旧作)〜500円(新作/人気作)
ドラマ:1エピソードあたり150円〜
といったところです。

ショップでレンタルするよりは割高になってしまいますが、ショップに出向く手間や時間、場合によっては交通費やガソリン代などを考えればそんなに悪いに料金ではないでしょう。

総数120,000本以上!国内最大級のコンテンツ

月額500円という低料金にもかかわらず、なんと120,000本以上という膨大なコンテンツを揃えているのが【dTV】のもう1つの大きなセールスポイントです。

たしかにこのコンテンツ数は国内の動画配信サービスとしてもトップクラスと言えます。

まぁ、このコンテンツ数にはちょっとしたカラクリというか理由があるのですが(決してインチキなどではありませんよ)、それは追々説明していきましょう。

定額配信で無課金見放題の作品数は…

【dTV】の配信コンテンツには無課金見放題の「定額配信作品」と有料の「レンタル(PPV)作品」があるというのは説明しましたね。

【dTV】に限った話ではないですが、こういった動画配信サービスが発表しているコンテンツ数は、定額タイトルとレンタル作品タイトルを足した数を総コンテンツ数となっています

つまり大々的にコンテンツ数を発表している作品の全てが、無課金見放題というわけではないということです。

数字だけ見るとものすごい膨大なコンテンツ数に思えますが、実際のところ無課金見放題の「定額配信コンテンツ」に限定すると、一気に半分くらいの数まで減ってしまうのです。(膨大なコンテンツの秘密①)

映画・ドラマ・アニメetc…コンテンツの特徴と傾向は?

「どんな作品が見ることができるのか?」というのは、動画配信サービスを選ぶときの最も重要なポイントです。

【dTV】ではどうなんでしょうか? コンテンツの傾向や特徴についてジャンルごとに説明していきましょう。

《映画コンテンツ》のライナップはどんなもの?

多くの人が期待していると思われる新作・話題作・人気作は、ほぼ「レンタル」枠に入れられているので課金しないと見れません。

とはいえ、定額枠のラインナップだけでも、“料金を考えれば”思った以上にがんばってくれています。

明らかにハズレの匂いが漂っているような作品は意外と少ないく、わりと安心して見れそうな作品の方が目立ちます

過去の名作・話題作などある程度評価されている作品や、マイナーでもそれなりの役者やスタッフを揃えた作品なども多いので、映画好きなら見所は多いのではないでしょうか?

《海外ドラマ》はどうなの?

ドラマも最新の話題作やシリーズ物の最新シーズンは、大抵レンタル枠です。こればかりは「定額+レンタル複合型」の宿命ですね。

残念ながらオリジナル作品や独占配信など、他では見れない独自のコンテンツは見当たりませんし、定額配信のタイトル数は決して多くはありません。

それでも定番タイトルはある程度そろっていますし、玄人受けする渋目の作品などもあって、こちらも“料金を考えれば”楽しめる方ではないでしょうか?

ちなみに、ドラマの場合のコンテンツ数は作品ごとでなく、1エピソードを1コンテンツとカウントしているようです。(膨大なコンテンツの秘密②)

《アニメコンテンツ》はどうなの?

【dTV】のアニメ作品は数だけを見ればそんなに少ないわけではないんですが、実はアニメについてはどの配信サービスもかなりのラインナップをそろえています。

なので、相対的に見ると少し弱い印象ですし【dTV】でしか見れない作品というのもほとんどありません。

それは、dTVの系列に「アニメ専門配信サービス」の【dアニメストア】があることも影響しているでしょう。やはりアニメユーザーはそちらに取り込みたいでしょうからね。

「とにかくアニメ重視」という人は、その【dアニメストア】か他の配信サービスを選んだ方がいいでしょう。

《国産コンテンツ(ドラマ・バラエティ)》はどうなの?

こちらは海外ドラマとは違いオリジナル作品も豊富です。タイトル数をみてもなかなかの充実ぶりではないでしょうか。

しかも、国内作品は海外作品と違ってドラマ版『銀魂』などパワーのあるオリジナルコンテンツもあります。
国産ドラマやバラエティを楽しみにしている人にはうれしいですね。

《音楽コンテンツ》ってどんなかんじ?

エイベックスが運営に関わっていることもあり、音楽コンテンツはなかなか豊富です。

ジャンルはほぼJ-POPに限定されるので、J-POPファンにはたまらないでしょうが、洋楽好きの人にはあまりありがたみが無いかもしれません。

ライブ映像やPVなどもありますが「カラオケ動画」がかなりの割合を占めていて、これもまたトータルのコンテンツ数を増やすことに貢献しています。(膨大なコンテンツの秘密③)

《ショートショート》ってどんな動画?

これは海外自主制作らしきショートフィルムを集めたコンテンツです。卒業制作なのかコンペに出品されたものなのか、制作目的など一切不明です。

内容も面白いものからつまらないものまで玉石混合ですから、あまり期待せずに見た方がいいでしょう。

それでも作品数はかなりのものなので、これも膨大なコンテンツ数に大きく貢献しています。(膨大なコンテンツの秘密④)

FOXチャンネルリアルタイム配信

他のサービスに無い独自のセールスポイントとしては、数多くの人気ドラマを放映している「FOXチャンネル」をリアルタイム配信があります。

追記:現在は「FOXチャンネル」の配信は終了しています。「FOXチャンネル」が視聴できる動画配信サービスは【hulu】のみになってしまいました。

その他にはどんなコンテンツがあるの?

いままでに挙げた以外でも、韓流ドラマもなかなかのラインナップですし、ドキュメンタリーも興味深い特集がそろっています。

他ではあまり見られないものしては、演劇や落語・2.5次元など舞台系のコンテンツがあります。ファンにとってはなかなか貴重なコンテンツですね。

また、最近スタートしたフィットネスコンテンツは、「ヨガ」や「ダンス」といったエクササイズ・トレーニング用の動画がそろっています。

エクササイズ系の映像は買うとそれなりの値段になるので、これらが無課金の定額配信でラインナップされているのはうれしいですね。

コンテンツまとめ

全体的に見るとオリジナル要素は薄いものの、ジャンルは豊富でそれぞれ比較的大ハズレの少ない無難なラインナップになっていて、バランスも悪くありません。

やはり“料金を考えれば”なかなかのラインナップです。

UI(ユーザーインターフェース)は?

作品を選ぶカタログ画面や視聴画面といった、「UI」の使い勝手はどうでしょうか?

Goodポイント

● 見放題(定額タイトル)レンタル(PPV)のカタログを分けて表示できる
● 作品のサムネイルにポインタを重ねると小画面でトレーラーや作品が再生される。

Badポイント

● ジャンル分けがザックリし過ぎ
● タイトルの表示順の指定項目が少ない
● ★マークでレーティング表示されるがコメントは無い
● 作品を選ぶとオススメ作品一覧も表示されるが、関連性があまり無い

どちらかというとBadポイントの方が目立ちますが、UIの使い勝手は標準レベルです。

作品探しで「結局サムネイルを一通りチェックしていくことになる」というは他のサービスも似たようなものなので、総合的には許容範囲ではないでしょうか。

複数同時視聴は?

「dTV」は視聴端末自体は5台まで登録することが可能ですが、複数での同時視聴はできないという、ちょっと謎なシステムです。

個人で視聴するか、1台の画面をみんなでかこんで見るしかないですね。

画質はどうなの?

画質については一応はSD(480p)、HD(720p)、4K(2160p)から選択できることになっていますが、まずデバイス・ブラウザ・OS・回線によってHD以上は選べないケースが多いです。それ以前に動画自体がSDしか無いものもあります。

定額配信ならばSDでも4Kでも料金は当然同じですが、レンタルの場合は画質によって料金が変動する場合があります。(差額はSDとHDで100円程度)

テレビモニターでの視聴はできるの?

高画質の動画を大画面で見ようとしても、液晶TVなどは対応機種非常に少ないので、非対応の場合はターミナルなど拡張端末を用意する必要があります。

「dTV」は元々がdocomoモバイル端末での個人視聴を想定しているサービスで、さらに料金が安いこともあって、こういったシステム面に関しては、他のサービスと比較すると一歩出遅れているかんじですね。

こんな人にオススメ!

● とにかく料金の安さが重要!
● Amazonユーザーになる気は無い!
● あまりマニアックな方ではない!
● 有料でもいいから新作映画が見たい!
● 国内コンテンツが重要!
● 見てみたいオリジナル作品がある!
● J-POPが好き!

こんな人は他を選ぼう!

● いろいろな海外ドラマが見たい!
● 他にはないオリジナル作品をいろいろ見たい!
● 無課金で面白い映画・ドラマをたくさん見たい!
● 国内作品にはあまり興味がない!
● いい作品が見れればもう少し料金が高くなってもいい!

結論:【dTV】って結局どうなの?

定額配信の映画やドラマなどの主要コンテンツについては、他と比較しても作品数は多いとはいえませんし、配信スペックなど機能面も他の配信サービスに一歩遅れをとっています。

この記事でも「料金を考えれば…」というフレーズを何度か使ってきたと思いますが、そのフレーズが全てを表しているといっていいでしょう。

特別秀でた部分はないですし欠点も少なくありませんが、“料金を考えれば”決して悪い動画配信サービスではありません

とにかく、【dTV】のセールスポイントは「月額500円という料金の安さ」。そして「そのわりには見所が多い」というコストパフォーマンスの高さにつきるということです。

低料金でいろいろな要素がバランスよく詰まっている「動画配信サービス」なので、比較的おススメしやすい動画配信サービスではあるでしょう。

なにしろご飯1食分ていどの料金なので手を出しやすいのは大きなメリットです。
上のオススメ項目がいくつか当てはまる人や、とりあえず安い動画配信サービスに1つ加入しておきたい人などは試してみる価値ありです!

迷ったら「無料トライアル」で視聴体験!

「dTV」にも無料で視聴できる「無料トライアル期間」があります。期間は31日でその期間内に解約すれば使用は一切かかりません。

迷ったり悩んだりするのであれば、とりあえず実際に体験してみることをおススメします。キャリアがdocomoの人は特に手続きも簡単なので、ぜひトライしてみてください。

Amazonプライム・ビデオをチェック!