Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビルマニア/鉄オタ「半田健人」の初主演作!【仮面ライダー555】を全話無料視聴!《動画配信サービス》

ビルマニア/鉄オタ「半田健人」の初主演作!【仮面ライダー555】を全話無料視聴!《動画配信サービス》

「白倉3部作」最終章!怪人視点で描くヘヴィな力作!

『仮面ライダー555』は前作『仮面ライダー龍騎』に続く平成仮面ライダー4作目として、2003年から放映された作品。
『仮面ライダーアギト』から続く白倉伸一郎プロデューサーによる、いわゆる「白倉3部作」と呼ばれる3作のラストを飾るライダーです。

ビルマニア/鉄オタとして知られ、『タモリ倶楽部』の常連ゲストでもある半田健人さんの初主演となった作品でもあります。

『仮面ライダー555』はこんなお話!

九州をバイクで旅していた「乾巧」は仮面ライダーファイズに変身できる“ライダーベルト”を持つ少女「園田真理」と出会う。
ベルトを狙う謎の怪人オルフェノクに襲われた真理は、ベルトで変身しようとするが適性がなく失敗。やむなく一緒にいた巧にベルトをつけて変身させる。

一方、交通事故が原因で両親を失い、自分も2年間昏睡状態にあった「木場勇治」は、一度臨終を迎えるが蘇生し意識を取り戻す。
昏睡中に木場家と財産を乗っ取っていた叔父一家といとこに乗り換えた恋人の裏切り、それに悪びれる様子もない態度に我を忘れた勇治は、オルフェノクとして覚醒して従兄弟と恋人を手にかける。

この2人を中心に、真理が育った孤児院「流星塾」出身でライダーベルトでオルフェノクに対抗するグループ、オルフェノク組織のフロント会社「スマートブレイン」の面々を交えて、ドラマが展開する…というかんじです。

「仮面ライダー」meets「デビルマン」!?

“オルフェノク(怪人)である木場勇治を一方の主人公に据える。” “オルフェノクに対する仮面ライダー(流星塾)サイドにも実はオルフェノクだった人物がいる。” “人間との戦いや人間を手にかけることを望まないオルフェノクグループがある。”
など、むしろ人間よりもオルフェノク側にスポットを当てた「怪人たちの物語」、言ってしまえば「デビルマン系仮面ライダー」ともいえる異色の仮面ライダーです。

「適正さえあれば誰でも変身することができる」という、ライダーベルトの設定もその印象を強くしますが、それだけでなくストーリーにトリッキーな要素を加える効果を与えています。

シビアな設定のわりにファンタジックで絵空事感が強い『仮面ライダー龍騎』とくらべると、より生々しい陰鬱さや重々しいシリアスさがあり、今に至るまで印象を残すシリーズとなっています。

BL狙いの要素が強かった前作から一転して、「ボーイ・ミーツ・ガール」的な要素が濃い作品でもあります。

仮面ライダーらしく登場人物バイクのユーザー率が高く、バイク使用シーがやたらと多いこと。
返信アイテムに携帯電話を使っていることもあってか、携帯通話のシーンがやたら多いことも印象に残ります。

『仮面ライダー555』を配信している動画配信サービスは?

『仮面ライダー555』を課金不要・見放題の「定額配信コンテンツ」として、配信している動画配信サービスは以下のとおりです。

● Amazonプライムビデオ
● Hulu
● dTV
● auビデオパス

下でも解説している「無料トライアル期間」を活用すれば、“完全無料”で一切費用をかけずに全エピソードを見ることもできます!

【Amazonプライム・ビデオ】はこんな動画配信サービス

料金(税抜)年会費3,900円(実質月額325円)
月払い400円
無料トライアル31日間
配信スタイル完全定額制
配信コンテンツオールジャンル
〔映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・ドキュメンタリーetc〕
複数デバイス同時視聴可・最大3台
同一動画同時視聴は不可
ダウンロード
最高画質HD
付帯サービス/提携サービス配送料無料/【Prime Music】音楽配信100万曲以上が無料聞き放題/【プライムフォト】フォトストレージ【Kindle】電子書籍サービス一部無料/各種割引
Amazonビデオ動画レンタル/販売・キャンペーンセール多数あり
レンタル料金目安映画 100~400円
ドラマ 150~円/1話・アニメ 108~/1話
購入料金目安映画 500~円
ドラマ 1,000円~/1シーズン

Amazonプライム・ビデオはAmazonの有料会員を対象にした動画配信サービスです。

料金は主要サービスの中では最安ながら、他では見れないドラマやバラエティなどのオリジナル作品数多くそろえています。

さらにいろいろな付帯サービスがあり、総合的なコスパではダントツと定評があります。

100円均一レンタルといったお得なキャンペーンも定期的に開催している、有料PPV(ペイパービュー)* の動画配信サービスAmazonビデオも利用できるので、新作や超人気作品もレンタル/購入して視聴できます。

*PPV(ペイパービュー)=1作品ごとに料金を支払って視聴するシステム。

⬇︎【Amazonプライム・ビデオ】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

【hulu】はこんな動画配信サービス

月額料金(税抜)933円
無料トライアル2週間
配信システム完全定額制
配信コンテンツオールジャンル
〔映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・ドキュメンタリー・etc〕
同時視聴不可
ダウンロード&オフライン視聴
最高画質HD
付帯サービス/提携サービスリアルタイム配信:全17ch
【FOXチャンネル/スポーツ/アニメ/ニュースetc】

『hulu』はアメリカに本社を置く世界的な動画配信サービスです。日本国内の事業は日テレに買収されてその子会社となってしまいました。

もともと「海外ドラマといえばhulu」というくらいだったので、いまでも海外ドラマの充実ぶりは突出していますが、最近では日テレ系の国産コンテンツも幅をきかせています。

「FOXチャンネル」「ナショジオ」「スポーツ&ミュージック」といった、テレビチャンネルのリアルタイム配信も特徴的なサービスですね。

⬇︎【hulu】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

【dTV】はこんな動画配信サービス

料金(月額/税別)500円
無料トライアル31日間
配信スタイル定額配信+有料レンタル
配信コンテンツオールジャンル
〔映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・ドキュメンタリー・フィットネス・舞台 etc〕
有料コンテンツ料金目安映画 200~500円/1作
ドラマ 150~円/1話
同時視聴不可
ダウンロード
最高画質HD

『dTV』は「NTT docomo」と「エイベックス」が運営する国内最大シェアの動画配信サービス。

月額500円という最安に迫る低料金がセールスポイントです。

オリジナルドラマなども製作していて最近ではドラマ版『銀魂』も話題になりました。
また『エイベックス』が関わっていることもありJ-pop系の動画コンテンツも充実してます。

それ以外には特に目立った要素は無いですが、全体的にバランスとコストパフォーマンスが良い動画配信サービスです。

⬇︎【dTV】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

【auビデオパス】はこんな動画配信サービス

料金(月額/税別)月額562円
無料トライアル期間30日間
配信スタイル定額配信+有料レンタル
配信コンテンツオールジャンル
〔映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・ドキュメンタリーetc〕
レンタル料金目安映画1タイトル 200~500円
〈期間2日~3日〉
同時視聴不可(1台のみ)
ダウンロード可(5作品まで)
最高画質HD(SDのみの作品もあり)
その他サービスビデオコイン配布《毎月540円分》翌月末まで有効
映画館割引【auマンデイ】【auシネマ割】
その他auユーザー以外は「Wow!ID」の登録が必要
テレビ朝日作品の見逃し配信あり

『auビデオパス』はau/KDDIが運営している動画配信サービスです。

長らく“auユーザー限定”のサービスでしたが、現在はau/KDDI系のサービスアカウント「Wow!ID」に登録(無料)することで、それ以外の人でも利用できるようになりました。

他と比較して特に突出したポイントはありませんが、ほぼ月額料金分のレンタルポイント「ビデオコイン」の配布、全国で使える最大700円OFFの劇場割引「auマンデイ」「auシネマ割」といった特典は映画ファンなら見逃せません。

普段から最新作をレンタルしたり、映画館を利用する機会が多いに人は、これらのサービスだけでも料金を遥かに上回るメリットです。

⬇︎【auビデオパス】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

「定額配信作品」ってなに?

定額配信作品とは「一定の料金を払えばいつでも好きなだけ自由に見ることができる作品」のことで、動画配信サービスの基本となるコンテンツです。

動画配信サービスには定額配信作品に加え、別途課金してレンタルや購入する必要がある「有料配信作品」が含まれるサービスも多いですが、どちらにしてもこの「定額配信作品」がどれだけ充実しているかが、動画配信サービスの価値を決める最も重要な要素と言っていいでしょう。

トライアル期間を利用するには?

トライアルを利用するためには、一度サイトでアカウント登録をして契約する必要がありまが、よくありがちな「〇〇ヶ月以上の契約が必要で、途中で解約すると違約金!」みたいな悪質なシバリはありません。
いつでも好きな時に解約することができるので、期間内に解約してしまえば一切費用はかからないんです。

そうすれば「映画もドラマも完全無料で好きなだけ見ることができる!」というわけです。
この方法は動画配信サービス側でも推奨しているので、変に気を回して遠慮することなく利用させてもらいましょう!

もちろんサービスが気に入ればそのまま利用を続けられますし、一度解約したとしてもまたいつでも好きな時に再契約して利用再開することができます。

注意事項
この記事の情報は記事作成時のものです。動画配信サービスのコンテンツは頻繁に入れ替わりますし、料金やシステムについても変更されている可能性があります。
必ずサービスのWebサイトにアクセスして情報を確認するようにしましょう。

Amazonプライム・ビデオをチェック!