Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トータル20万本以上! 作品数No.1の動画配信サービス【ビデオマーケット】のメリット/デメリットとは?

トータル20万本以上! 作品数No.1の動画配信サービス【ビデオマーケット】のメリット/デメリットとは?

今回は、動画配信サービス【ビデオマーケット】について、特徴・メリット・デメリットなどを解説していきたいと思います。

作品数は国内動画配信サービス最多のトータル20万本以上!

【ビデオマーケット】は携帯電話向けの動画配信などを行っていた、『株式会社ビデオマーケット』が運営する動画配信サービスです。

2018年にトータルコンテンツ数が200,000本を超えて、国内の動画配信サービスでトップとなったことで話題になりました。

200,000本と言えば、作品数に定評のある【U-NEXT】を大きく上回る作品数ということもあり、注目せざるをえないのは確かです。

とはいえ、単純にコンテンツ数だけを比較して優劣をつけることはできません。【ビデオマーケット】は一般的にイメージされる動画配信サービスとは、似ているようで違うものだからです。

【ビデオマーケット】の特徴

一般的な動画配信サービスを違うといっても、ひとことには説明しづらいところなんですが、【ビデオマーケット】の特徴をチェックしつつ解説していきたいと思います。

【ビデオマーケット】は有料レンタル中心の動画配信サービス

このサイトで主に取り上げているのは、広告などでも「映画ドラマ〇〇本が見放題!」を呼び文句にしているような、一定の料金で見放題の『定額配信』をメインコンテンツに据えた動画配信サービスです。

【U-NEXT】や【dTV】などは、課金式のレンタルも併用していて全体の半数以上が有料コンテンツですが、コンテンツ構成はやはり『定額配信』を重視したものになっています。

一方、【ビデオマーケット】は完全に有料レンタルに振り切った動画配信サービスなんです。

【ビデオマーケット】2つのコースの違いは?

プレミアムコース〈月額500円〉

レンタル配信のみが利用できるコースです。1ポイント=1円のポイントが毎月540ポイント配布されます。

プレミアム&見放題コース〈月額980円〉

レンタル配信の利用に加えて、定額配信コンテンツが見放題になります。毎月の配布ポイントは同じく540ポイントです。

無料のコンテンツと定額見放題コンテンツは別物

まず知っておきたいのは「無料コンテンツ」と「定額見放題コンテンツ」は違うということです。

・無料作品
すべての会員が視聴できる作品。
内容は映画の予告編やドラマの1話だけなど、お試し程度のものがほとんどです。

・定額見放題作品
「プレミアム&見放題コース」加入者のみ視聴できる作品。
韓流・アニメ・お笑い・パチスロなどのコンテンツがあります。

【ビデオマーケット】は無料/定額コンテンツに見所は少ない。

《プレミアムコース》と《プレミアム&見放題コース》のどちらを選ぶべきかですが、個人的には《プレミアムコース》で十分だと思います。

理由は単純、見放題の定額配信作品は質・量ともに貧弱で、映画/ドラマ/アニメ全てにおいて見るべきものが無いからです。

こちろん評価には個人差があるかもしれませんが、客観的に見て他の動画配信サービスだったら作品数水増しのためにラインナップに加えられているような作品がほとんどで、正直なところあまり価値を見いだせません。

有料のオプションパックもあり!

【ビデオマーケット】には、有料オプションの見放題コンテンツをセットにしたパックもあります。
パックは次の3種類。

● NHKオンデマンド見逃し見放題パック
月額972円(税込)
NHKオンデマンド見逃し番組とニュース番組に特化。過去1週間のニュースが見放題。

● NHKオンデマンド特選見放題パック
月額972円(税込)
NHKオンデマンド特選ライブラリー番組が見放題。連続ドラマやシリーズ番組が中心。

※NHKオンデマンド作品については、FireTV/FireTV stickで再生不可となります。あらかじめご了承ください。

● FOD月額見放題パスポート
月額1080円(税込)
フジテレビオンデマンドの名作ドラマ、人気バラエティをまとめて見放題。

NHK作品・フジテレビ作品に見たい作品があれば、加入を検討してみるのもいいでしょう。

レンタル重視の人にはオススメ!最大のメリットはレンタル作品の豊富さ!

コンテンツ数が動画配信サービスの中で最多なのに定額コンテンツが少ないということは、その分レンタルの対象作品の種類が豊富ということです。

トータルコンテンツ数が20万本以上で見放題は25,000本程度、無料が10,000本程度ということなので、16万本程度がレンタル作品ということになります。

これは【U-NEXT】のトータルコンテンツ数13万本以上を上回るボリュームなので、文句なくトップクラスと言っていいでしょう。

レンタル料金も標準的な金額なので、他の配信サービスでもレンタルばかり利用していたりと、レンタル中心に使いたいという人にはオススメです

【ビデオマーケット】のメリットは?

コンテンツの多さこそ【ビデオマーケット】最大のメリットですが、それ以外にもいくつかのメリットがあります。

ポイント配布

会員には作品のレンあるに利用するポイントが、毎月540ポイント(540円分)配布されます。
この540ポイント《プレミアムコース》の月額料金500円を上回る額なので、定期的にレンタルを利用する人なら《プレミアムコース》の料金は実質的に無料ということになります。

月額500円の《プレミアムコース》も月額980円の《プレミアム&見放題コース》も、配布ポイントは変わらず540ポイントです。
見放題作品コンテンツも見所が少ないので、《プレミアムコース》の方がお得度ははるかに上でしょう。

無料トライアル

動画配信サービスにはつきものの「無料トライアル」は、【ビデオマーケット】でも利用できます。
ただし、他の配信サービスとはシステムが異なっているので注意が必要です。

通常無料トライアルは30日間や14日間など期間が決まっていて、契約した日からスタートしてその日数を無料で利用できます。

ところが、【ビデオマーケット】は契約した月の月末までということになります。その月の1日に契約しても月15日でも30日でもその月の最終日までなので、早めに契約するほど無料期間を長く利用できます

無料トライアルをできる限り長く利用したい人は、月初めに申し込むことをおススメします。

TV視聴も可能

対応しているテレビや『FireTV』『FireTVFireTV stick』などのデバイスを使えば、テレビでも視聴もOKです。

配信スペックの高さ

画質/音質など動画の配信スペックも最高レベルなので、大画面での視聴もにもピッタリです。

【ビデオマーケット】のデメリットは?

【ビデオマーケット】にはいくつかのデメリットもあるので、それもチェックしておきましょう。

定額コンテンツが貧弱

まずは上でも説明したように定額作品に見所が少ないことです。

他の配信サービスで見れるような、人気の海外ドラマや映画・アニメなどはまず期待できません
あくまでも有料レンタルに特化した動画配信サービスなので、あくまでレンタル目的と割り切るべきでしょう。

ダウンロードができない

ほとんどの動画配信サービスが採用している、「ダウンロードからのオフライン視聴」機能がありません
自宅やネット環境の整っているところでしか利用することができません。

UI(ユーザーインターフェース)が不親切

サイトのユーザーインターフェースにかなりクセがあります。要はあまり使い勝手が良く無いということです。
他の配信サービスと比較するといろいろと分かりづらい部分も多く、お世辞にも親切な設計とは言えません。

Amazonビデオ/プライム・ビデオに近いイメージ?

いろいろと解説してきましたが、【ビデオマーケット】のイメージを理解してもらえたでしょうか?

まだ雰囲気がつかめない人に、スタイルが近い配信サービスと比較してもらうとすれば、上で引き合いに出した【U-NEXT】や【dTV】よりも、【Amazonビデオ/プライム・ビデオ】がよりイメージに近いかもしれません

アカウント登録だけで作品のレンタルや購入ができる【Amazonビデオ】が《プレミアムコース》
単体のサービスとしては「完全定額見放題」ですが【Amazonビデオ】も併用できる【プライム・ビデオ】が《プレミアム&見放題コース》と考えるとわかりやすいでしょう。

レンタル派の人は加入する価値あり!

何度も説明してきたように、【ビデオマーケット】レンタル作品数は、一般的な配信サービスを大きく上回っています。

①他の配信サービスに加入していて普段から課金レンタルを使うことが多い人
②いつもはレンタルショップを利用しているけれどもっと手間を省きたい人
③完全定額制の動画配信サービスに加入しているけれど、たまには最新映画も見たい人

これらの人は加入を検討する価値アリです!

Amazonプライム・ビデオをチェック!