Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【あの番組が見れる?!】テレビ局と提携している動画配信サービスを全て紹介|《動画配信サービスの選び方》

【あの番組が見れる?!】テレビ局と提携している動画配信サービスを全て紹介|《動画配信サービスの選び方》

今回は、地上波のテレビ局と提携しているに動画配信サービスついて解説したいと思います。

好きなテレビ局の作品が動画配信サービスでも見れる!

動画配信サービスと地上波のテレビというと、犬猿の仲みたいなイメージがあります。
もともと地上波に飽き足らなくなった人たちが、続々と動画配信サービスに流れたわけですからね。

でも実のところ、今となっては全国ネットの民放テレビ局の全てが、どこかの動画配信サービスと協力関係にあるんです。

【hulu】の日本国内事業を日テレが買収したあたりがきっかけかもしれないですが、各テレビ局が「提携する」「直接運営する」といったかたちで動画配信サービスに関わるようになってきました。

さすがに衰退する一方の地上波を尻目に、幅を利かせていく動画配信サービスを無視できなくなったんでしょうかね。

リスナーにはメリットがあるの?

動画配信サービスとテレビ局によるコラボの最大のメリットは、「テレビ局が権利を持っている膨大なコンテンツを配信できるようになる」ということでしょう。

特にTV局と関連していない配信サービスでも、ドラマ・アニメを中心にテレビ放送された作品もある程度は配信していますが、提携していれば他では配信していない作品を独占的にラインナップすることも可能になります。

民放地上波で放送している中にも見る価値のある番組は存在しますから、そういった作品が続々と配信されるのであれば、リスナーとしても悪い話ではありませんね。

海外派の人には何もメリット無いんじゃ?

洋画や海外ドラマのファンには全くメリットが無いかというと、そうでもありません。

今の日本では海外作品よりも国産のコンテンツを好む人が多いですから、テレビ局と組んで国産コンテンツを配信すればユーザーも増えて収益はUPします。

結果的にその収益が海外作品購入にもあてられて、海外コンテンツも充実するという希望が持てるわけです。

じゃあ、メリットオンリーでWin×Winなの?

ただ作品を提供してくれるだけなら、全方位に対してメリットだけで何も問題無いと思うんですが、運営やコンテンツの編成などにも口を出して影響してくるようだと悪い方向に行く可能性があります。

極端な状況になると、提携テレビ局の作品ばかりになってしまったり、それ以外の作品があっても微妙なラインナップになったりして、そのテレビ局のファンじゃないと全く楽しめなくなってしまう、なんてこともありえます。

また、これは仕方の無い面もありますが、独占配信で特別感を際立たせるために、他の配信サービスにコンテンツ提供してくれなくなるというケースもあります。

実際、一部の動画配信サービスにはその傾向が見られますね。

国内テレビ局と提携している動画配信サービス

それでは、日本のテレビ局と提携している動画配信サービスを、チェックしていきましょう。

hulu(フールー) × 日本テレビ

日テレによるhuli買収の話が話題になった時には、メインユーザーだった海外ドラマファンから「もうダメ論」が吹き出してまくっていたのは記憶に新しいところです。

幸いなことに、目玉のコンテンツ海外ドラマが大きく減ってしまうこともなく、国産コンテンツではオリジナルドラマも制作されるようになるなど、海外派も国産派も楽しむことができる、絶妙なバランスを保った状態になっていますね。

⬇︎【hulu】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

FODプレミアム × フジテレビ

フジテレビが自ら運営しているだけあって、コンテンツもほぼフジテレビ1色です。
フジテレビ作品は他の動画配信サービスでの配信が少なめなので、フジテレビがごひいきのファンにはたまらない存在ですね。

逆にそうじゃない人には料金がそれほど安いわけでもないこともあって、あまり価値を見いだせないかもしれません。

せっかく「雑誌読み放題」「大量レンタルポイント還元」など魅力的なサービスがあるので、もっといろいろなコンテンツが充実してくるとリスナーも広がるんじゃないでしょうか。

⬇︎【FODプレミアム】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

auビデオパス × テレビ朝日

ほぼ料金分がレンタルポイントとして還元されるシステムと、映画館(シネコン)で安く映画が観れる鑑賞割引サービス「auマンデイ」「auシネマ割」が強力すぎて、それだけでも加入する価値がある【auビデオパス】ですが、コンテンツの弱さが最大の弱点でした。

テレビ朝日と提携した影響か、国内ドラマとアニメに関しては他の動画配信サービスと比較しても見劣りしないレベルになりました。

ただ、最近の作品がほとんどなので、もっと過去の名作が配信されるようになるとリスナーとしてはありがたいですし、動画配信サービスとしても上を目指せると思うのでがんばってほしいところですね。

Paravi(パラビ) × TBS / テレビ東京 / WOWOW

「ドラマのTBS」と呼ばれるTBS「どんな大事件があってもアニメ放送を休まない」テレビ東京が参加しているだけあって、国内ドラマ・アニメのラインナップは盤石です。

でも、むしろそれ以上の存在感を示しているのが、民放ではないですが映画・音楽・スポーツを中心に放送を続けているWOWOWです。

サブカルチャーに精通したWOWOWが加わっていることで、作品数は多くないながらも、映画を中心にマニアックなこだわりを持ったコンンテンツ構成を見せていています。

これこそが、ただの民放系配信サービスで終わっていない大きな理由でしょう。

⬇︎【Paravi(パラビ)】にアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

U-NEXT/FODプレミアム/ビデオマーケット × NHKオンデマンド

NHKは立場上特定の動画配信サービスだけと提携するわけにはいかないでしょうが、有料オプションでNHKの配信サービス『NHKオンデマンド』を利用できる動画配信サービスはいくつか存在します。

今のところは【U-NEXT】【FODプレミアム】【ビデオマーケット】の3つです。

『NHKオンデマンド』には、見逃し番組とニュース番組に特化した《見逃し見放題パック》と、連続ドラマやシリーズ番組が中心の《特選見放題パック》の2種類があります。

料金はどちらも同じなので、単純にお好みで選ぶことができます。

⬇︎【U-NEXT】サイトにアクセスしてさらに詳しい情報をチェック!

お気に入りのテレビ局で動画配信サービスを決めよう!

もしごひいきのテレビ局があったら、迷わずその動画配信サービスに加入。そんな選び方もOKです!見たい作品がそこでしか配信していないのであればなおさらです。

また、今現在見たい作品を配信していなくても、放映したテレビ局と組んでいる動画配信サービスを選んでおけば、今後配信してくれることに期待が持てます。

Amazonプライム・ビデオをチェック!